体育会系のクラブに取り組ませることも有効な教育

教育の目的とは、その人が社会に出た時に自身で成長できる基礎を身に着けさせることです。
ある意味、社会に出て活躍するためには、基礎学力がある程度必要となりますので、学力向上の為の教育も無駄ではありません。
しかし、机に向かい勉強させるだけが教育ではないと考えます。
将来、自分自身で成長していける力は、人の考えていることを察する能力であったり、新たなものを生み出すための根気であったり、自分の考えを表現できる能力や人と協働できる能力など色々なことが必要です。
しかし、一番重要なことは、目標を設定し、目標達成の為に自身が何をすべきか考え、実行し、努力することです。
そういった面では学力向上以外の色々な経験をさせることが良い教育であると考えます。
例えば、体育会系のクラブ活動は非常に有効ではないかと考えます。
目標を持ちそれを達成するためには、何をすべきか自分で考え実行できる能力が養われることは非常に有効です。
例え自身がスポーツに向かないとしてもチームとして設定した目標のために、自分がどの様な役割りができるか考え実行することが、その人を成長させ、将来自身で成長していくために必要な能力を養うことができます。

Copyright©教育 All Rights Reserved.

教育