学校教育だけに頼っていては英会話はマスターできない

日本の英語教育はまだまだ未熟で、長い時間をかけて教える割には効果が少ないと言われています。
確かに、学校の授業だけで英語がペラペラになる人はほぼ存在していません。
ですから、本気で英語をマスターしたいのであれば、学校に頼りっぱなしではいけません。
自分の力で何とかするしかないわけです。
一番いいのは、若いうちに海外に出てしばらく現地で生活をしてみることでしょう。
若い間は吸収力も高いですから、数ヶ月の滞在で日常会話程度なら困らなくなります。
三ヶ月程度滞在するだけでも違います。
日本に帰ってきた暁には、英語ができる人と認識されるようになることでしょう。
英語ができれば就職時にも有利になりますし、仕事もやりやすくなります。
また、ネットを介して英語で書かれたページにアクセスもできるようになるでしょう。
英語ができるだけで情報収集能力がワンランクアップしますからメリットは大きいです。
今後は、日本の英語教育も会話重視に変わっていくことが予定されています。
ただ、まだ現在においては英語をマスターするために十分な教育が行われているとは言い難いです。

Copyright©教育 All Rights Reserved.

教育